バイト知らずの秘密は「ざくざく君」だった。

価格4980円の価値を問う。ポケットの5000円を使ってしまうのか? それとも【増やす】のか?

Pocket

【ざくざく君】が4980円だと言うことに、

 

安いと思うか? 高いと思うか?

 

 

人それぞれの価値観ですから、それについては何も言うことはありません。

 

 

ですが、直感的に高いと感じた人には、是非に使って欲しい【ツール】です。

 スマホでざくざく君

 何故なら、高いと感じた方は

 

「自己アフィリ」はツールが無くても出来るじゃん!」

「わざわざツールを買う必要もないよ!」

 

そう考えていませんか?

 

「自己アフィリ」を単なるヒマつぶしと考えているのなら、それも良いでしょう。

 

ですが、ビジネスとして考えると効率が悪すぎます。

 

「自己アフィリ」は「ビジネス」です。

 

それも、やれば、やっただけ成果として表れる「やりがい」のあるビジネスです。

 

その「ビジネス」の成果を加速させるツールがあるのなら、使わない手はありません。

 

 

 

 

人にモノ・コトを伝えると時に、

あなたは、媒体として何を選びますか?

 

一人の人に伝ええるのか? 大勢の人に伝えるのか?

 

一回使えれば良いのか? 何度も使えなければならないのか?

 

条件によって、変わって来ると思います。

 

ここでは、あなたが一人の人に1回伝える事を選んでみましょう。

 

そこにあるのは、

 

・紙と鉛筆

・パソコンとプリンター

・携帯orスマホ

 

殆どの人が「紙と鉛筆」を選んだと事と思います。

 

何故なら、手軽だから。

 

パソコンとプリンターを選んだ方は、綺麗な字で相手に伝えたいと思ったかもしれません。

 

また、携帯orスマホを選んだ方は、自分にも相手にも、記録が残りますから、慎重派なのかもしれません。

 

もっとも、それらの媒体を選ぶときに「慣れていたから」と言う理由もあるでしょう。

 

 

これらを、別の視点かみると。

 

・手動

・半自動

・自動

 

と区別することが出来ます。

 

 

さて、そこで、これらの選別をしたことを顧みてみましょう。すると、面白いことが判ってきます。

 

コミュニケーション=Communication は「発信する」という意味です。

良く「対話」=カンバセーションと混同されがちですか、意味合いが違うんですね。

相手に、モノ・コトを伝えると言うことは、コミュニケーションなんです。

 

因みに、コミュニケーションを取ると言うことは、相手の「発信」したことを「受け取る」ということになります。

 

 

 

私は、「一人の人に1回伝える」のであれば、殆どの場合、紙と鉛筆でメモを取って渡しています。

 

慣れているし、手軽であると言うのが理由です。

 

ですが、大勢の人に伝えるときには、パソコンとプリンターを使います。

 

何故なら、誤字脱字を防ぐことになるし、下書きだと思えば、やり直しが聞くからです。

 

 

また、間違いなく相手に伝え、その情報を「共有」しようと思えは、

携帯orスマホでメールにします。

 

勿論、パソコンを使ってメールすることも同義ではありますが、敢えて、手頃であるという観点から、今回は区別しています。

 

さて、小島は何を言わんや? ですよね。(笑)

 

 

「自己アフィリ」自体は、ざくざく君のような【ツール】を使用しなくても、十分に出来うることです。

コレは、コレまでの選択肢から言うと「紙と鉛筆」=「手動」にあたります。

 

何故なら、慣れた環境で、一度申しこめば済んでしまうことだからです。

 

 

「パソコンとプリンター」は、自己アフィリした時に、そのサイトに行けば、経過も結果も閲覧することができますから、私的には「半自動」のくくりに入ります。

 

 

肝要な事は、携帯orスマホ=自動と言う例えにあります。

 

それで、直感的に高いと感じた人には、是非に使って欲しい【ツール】だと言いたいわけです。

 

 

先ほど、携帯orスマホを選んだ方は「慎重派」といいました。

堅実派と言い直しても良いでしょう。

 

 

自分と相手が「情報」を「共有」すると言うこと。

 

コレは、事業で言う「管理」にあたります。

 

 

【ツール】使って自己アフィリをすると言うことは、お金が発生することですから、立派な事業の一つですよね。

 ビジネス

ですから、当然「管理」が必要になってくるわけで、面倒なわけですよ。

 

 

それを「自動」で管理してくれるのが【ツール】のざくざく君の存在なんですね。

 

あなたが、行き当たりバッタリのどんぶり勘定的に「アフィリ」をしたいのなら、話は別ですが、

 

 

それでは「アフィリ」の中でも「報酬」が発生する確率がほぼ100%に近い「自己アフィリ」に対して無責任過ぎると思いませんか?

 

 

何事においても、苦労をして膨大な時間を「管理」に費やした経験のある人なら、【ツール】の有り難みが判ると思います。

ざくざく君で管理

私が「失敗」してきた事を、繰り返すような事は止めてくださいね。

 

今回は、どこでも出来るようにバージョンアップされた「ざくざく君」があるんですから・・。(笑)

通勤・通学の時でも「ざくざく君」

 

特典付き「ざくざく君」

コメントを残す

サブコンテンツ

「ざくざく君」レビュー

お問い合わせはコチラから

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

このページの先頭へ